小鼻の角栓を解決するケアのポイント

小鼻において角栓が現れる原因は、皮脂の過剰な分泌、あるいはターンオーバーの崩れ乱れや度を越した洗顔などによるものが考えられます。
皮脂の過度な分泌につきましては素肌の乾燥によりましてもたらされることも多いことから、肌の乾燥に気が付く場合には気をつける必要があります。
加えて毛穴に詰まっている角栓に関しましては皮脂と先入観を持たれがちですが、実際のところ角栓の主だった成分は古い角質になります。
角質につきましてはタンパク質のため、皮脂汚れとは異なりオイル、あるいはホットタオルで溶かすことはできません。
小鼻の角栓を解決するため、毛穴そのものを柔らかくし無難に角栓を除くことが必要となります。
まず第一に小鼻をホットタオルなどを通して温めて、毛穴を開いて柔らかく調整します。
メイク汚れが残った状態でホットタオルを利用することによって毛穴を開かせると、汚れが毛穴に入って角栓の要因になってしまうため、必須条件としてクレンジングが終わってから実践するといいでしょう。